合同会社 金田社寺建築 さまの、オリジナルロゴテキストデザインを作らせていただきました。

宮大工さんからのご依頼で、ロゴテキストをデザインさせていただきました。聖徳太子が寺院建築史上大きな存在であったことから、太子講に関わる「南無聖徳太子」という文字です。
 大工道具には、古来からの大事な知恵や工夫、伝統や歴史がたくさん詰まっています。建築に関わる職業の方は、その意思を継ぎ、さらに未来に伝えていかれます。この思いを表象するため、古今の大工道具を組み合わせて一文字一文字を製作いたしました。