人面墨書土器を作るワークショップを開催します。11月2日です。

岡山県の寒風陶芸会館さんと一緒に、人面墨書土器を作るワークショップを行います。

題して、
〝土器土器!わくわく どんな顔が描けるかな〟

日時:2019年11月2日(土) 10:00~14:00
場所:瀬戸内市民図書館 オリーブの庭
  (*雨天時は瀬戸内市中央公民館 実習室です)

内容:用意された大きさ、形、様々な土器の中からお好きなものを選んで、円面硯で墨を擦って人の顔を描きましょう。→「人面墨書土器」になります。

当日使う土器は、前もって野焼きしますので、その様子もTwitter、Facebookで実況します。

寒風陶芸会館さんは、7世紀の飛鳥時代を中心とした約100年間にわたり須恵器が焼かれていた寒風古窯跡群に立地しています。焼かれた須恵器は奈良の都に税金として納められていました。奈良と深い関係があるのです。詳しくは、HPをご覧ください。→ http://www.sabukaze.com/index.html

当日は私もワークショップのお手伝いをいたします。
ぜひ現地でお会いしましょう!!